New York Art Wave © 2013 - 2019 all rights reserved. 

Sohoの思い出 vol.3 by Fusako Ohta

March 30, 2017

 

 

長女のユキが3歳になった頃、同じロフトビル内にひとりの男性が引っ越してきた。クリスというそのアメリカ人には、離婚した前妻との間にユキと同じ年の娘がいた。離婚率の高いアメリカ、特にニューヨークでは、別れた夫婦の決め事で、子供達は週末になると父親(または母親)のもとで過ごすというパターンが多い。クリスの娘[Office1] も週末には父親クリスのところに訪れていた。同い年で女の子同士、子供に言葉も肌の壁はない。ユキにもようやく友達ができて私たち夫婦も嬉しかった。

 

ところが、父親のクリスは自分のアパートを真っ赤な絨毯で敷き詰め、立派な木製のバー・カウンターを設置。まるでプライベートなナイトクラブのような内装に、彼の家には毎晩人が集まるようになった。そのうちそこでは、麻薬の売買の取引が行われるようになったのだった。

 

夜な夜なクリスの家を訪れる人たちが増え出した頃から、エレバーターにマリワナの匂いが充満するようになったが、当のクリスは悪びれる様子も全くなく、私たちとすれ違ってもニコニコ顔で「ハーイ!」と軽く手を振る陽気さだった。

 

そんなある日のこと、大掛かりな麻薬捜査が入った。映画さながら、ロフト中が大騒ぎとなったが、私とユキは何が何だか分からずキョトンとしていた。仕事から帰って来た夫にその出来事を話すと、「ほほー!」と笑い飛ばしながらも興味は掻き立てられたようだった。同じ建物内で麻薬が売買されていたと聞くと「危ない」とか「子供を育てる環境じゃない」とか言われそうだが、私から見るとクリスは仏様のような笑みを浮かべた優しい父親だった気がするし、夫もフレンドリーなクリスは気に入っていたようだった。

 

4階には、ちりちりの天然パーマが特徴的な”カール“という黒人が住んでいた。カールはバスキアの友達ではないかと思われるイメージで私達に接した。と言っても、エレベーターで出っくわした時だけの付き合いでしかなかったので、鉄のドアの向こうにどんな生活が展開されていたか知るよしもないが。

 

長女のユキが5歳になった頃、5階に日本人家族が引っ越してきた。今度は、ユキと同じ歳の男の子がいた。その一家の父親はアーティストで、当時はまだ無名の駆け出しだったが、今は有名人になっている。

一家と親しくつきあい始めた頃に、そこの奥さんが第二子を妊娠した。アメリカでの出産を嫌がり日本で産むことを決め、5歳の子供を連れて日本に帰った。 無事出産を終え子供たちを連れてニューヨークに戻った奥さんだったが、自宅にはすでに若い女子学生が入り込み、夫と同棲していたことが発覚する。その女子学生も夫の子供を妊娠していることを知り、「酷い」と言いながら茫然自失で日本へ戻って行った。せっかくお友達になった男の子も母親もそれ以来お目に掛かったことはない。

 

私たちのアパートは、とても高い天井でとても広いスペースだったが、あちこち修理が必要な場所だった。でも、毎日南向きの窓から日差しがいっぱい差し込み、ささくれ立った床もあまり気にならないほど充実した幸福感に満ちた日々を送っていた。

 

 

Please reload

Recent Posts

March 2, 2017

Please reload

NYコンテスト公募展情報
Related Links
Archive
Please reload