New York Art Wave Project Presents
Virtual Solo Exhibition 

    Ryuga Tenzan 

天山龍雅                 

茨城県牛久市出身。1984年生まれ。学生時代は空手やバスケットボールに専念し体育大学に進む。

いったん就職するが、蓮乗院一雲に師事、画家の世界に飛び込む決心をして仕事を辞める。

初期はアクリル絵の具を使って派手な色合いの作品を描くが、次第にアクリルで写実的に野鳥を描く様になる。リアルを求めて油絵に移行し古典技法を学ぶ。心より尊敬する師の指導により、幅広く色々なモチーフが描ける画家を目指し、個展やコンテストへ出品といった活動を続けている。10年以上写実画と向き合うなか、山水画に強い影響を受けた独自の抽象的な世界を創り出す。

画暦・受賞歴

 

2022年   ニューヨークアートフェア Art on Paper

2022年   ニューヨークチェルシー ビリディアン画廊

2021年   ニューヨークチェルシー ビリディアン画廊

    ”SAKURA for Tomorrow: contemporary artists from Japan and America in conversation”

2020年   TVバラエティー番組「明石家さんまの転職DE天職」明石家さんまプロデュースー明石家画廊

2018年 NAAアートギャラリー個展

             第94回白日会展 入選

    茨城県連合美術展 

    現展茨城支部 新人賞

2016年 第2回ホキ美術館大賞展 入選

2015年 日中韓「国画展」    

    筑波銀行ギャラリー個展

2014年 全日肖展 優秀賞

2013年 ホキ美術館大賞展入選

2010年 クラウドナイン 個展

​”Insight"シリーズについて

 

“東洋の伝統的な絵画として古くから伝わってきた山水画には、穏やかな色合いと勢いのある筆跡に惹かれるものがあった。中でも、荒々しくも堂々と佇む山にはいっそ魅力を感じた。その山水画の山を抽出して創り上げた。紙の平面世界の上に更に立体を加えていき岩肌の質感を表現した。

山々は揺れ動くことなく堂々としている。雨風により浸食してできあがるフォルムが神秘である。  

人に例えるとすれば、苦しみや辛さに耐えて悟った姿。確固たる強い意志をもち堂々としていて揺らがない心。仙人とはその様な人間なのかもしれない。“