New Arts Prospect
Artists from Japan Series IX"  2022
"Pieces for Peace"

=2022年ニューヨーク夏の展覧会=
ニュー・アーツ・プロスペクツ
アーティスト・フロム・ジャパン・シリーズ 第9弾!

"Pieces for PEACE: What Artists Can DO"

フライヤー.jpg

8月8日(月)

8月20日(土)

まで開催中!

世界一のアートの街・ニューヨークにて、日本で活躍するアーティストを紹介する目的において、 2014年から始まった” New Arts Prospect: Artists from Japan シリーズ”、 第9回目の開催となる今年は、ヴィリディアン画廊ディレクターによる審査コンペ展覧会を予定しておりまし たが、急遽変更し“Pieces for Peace “(平和のための作品展、アーティストの私たちにできること)、 “平和への一枚”をテーマにした展覧会を開催いたします。

 

コロナ・パンデミックが収束の兆しを見せ、ニューヨークではマスク着用義務が大幅に緩和されました。ブロード ウェイも連日満員御礼、街は活況・賑わいの最中、東欧でまさかの“戦争”が開戦となり、爆撃を 受け破壊してしまったウクライナの街の様子や避難し国を逃れていく人たちの姿などがリアルタイムで報道されています。胸を突く映像を目の 当たりにし、現実の出来事として起こっているとは信じ難く、呆然とするばかりです。当地のタイムズ・スクエア では大規模な反戦デモが起こり、アメリカ国内欧米各地でも同じような反戦運動が起こっています。

 

戦争のない平和な社会を構築するために、アートに関わる者・アーティストの立場から私たちできること は何かを議論し、当初予定していた夏の展覧会のテーマを変更いたしました。戦争や紛争のない平 和な世界を求めた願いやメッセージを込めた作品の展覧会を開催いたします。

 

             *********************************

       

毎年回を重ねる度に話題と注目を高めて来た同展覧会は、2019年にロウワー・イースト・サイド地区からチェルシー地区の画廊「Viridian Artists Gallery」に開催会場を移転したことで、新規のコレクターの開拓や販売セールスにおいて新たな展開へと進展し続けています。

 

Viridian Artists Gallery (=ビリディアン・アーティスト画廊)は、建築家、デザイナーやキューレター、アーティストなど第一線で活躍しているクリエイターたち自身による画廊運営を行っております。1960年代に発足して以来50年以上に渡って、意欲的で新進気鋭アーティストたちの活動をサポートしている団体です。年間のスケジュールは運営委員の話し合いによって会員や企画展などが決められます。確かな目を持つベテランクリエーターたちの厳しさと共に同じアーティストとしての目線からのディレクションは、常にアーティストへのサポートが根底にあります。NYアートウェーブ・プロジェクトは過去の経験と実績により、同画廊から多大な信頼を得て、オリジナルのアートイベントだけでなく、アメリカ人アーティストとのコラボレーシン展覧会などの共同企画も実現しております。パンデミックによりグローバルに大きく変化した社会生活は、アート・ビジネスの世界にも影響し、「ヴァーチャル展覧会」という3D技術を駆使したオンライン展覧会も登場し今やアートショーのマスト的な存在となりました。恒例「ニューヨーク夏の展覧会」もヴァーチャル展示とリアル展示の両面から、ニューヨークを拠点にした日本人アーティストの作品をサポートしていきます。

 

本展覧会は国際的文化交流と日本のアートシーンの向上と発展、作家のキャリア・アップにとっても重要なイベントとしての役割を担っておりおります。